バニラエアについて徹底解説

バニラエアについて徹底解説
「アジアのどこかに旅行に行きたい」そのような時はぜひともVanilla air (バニラエア)を利用しましょう。格安航空会社(LCC)の1つで、リーズナブルで快適な空の旅を提供してくれます。

Vanilla air (バニラエア) の特

Vanilla-air-(バニラエア)-特
全日本空輸が100%出資しているLCCです。旅行に行く観光客をターゲットにしており、空の旅を盛り上げてくれる華やかな雰囲気があります。ビジネス利用ではなく主にリゾートに特化しているため、制服を含む機内の色使いが華やかです。格安でありながら充実したサービスが魅力です。

Vanilla air (バニラエア) のメリット

1)大人数の旅行がリーズナブルになる「みんなで割」
4人~9人で同時に予約するとチケットが10%オフになるサービスです。学生サークルや社員間、親戚同士など、どんな旅行にも使えます。

2)パックツアーのバリエーションが豊富
さまざまな旅行会社と提携して、航空券とホテルがセットで買えるようになっています。お得なものが多いため、「別々に予約することが面倒だ」と思う方はぜひとも利用しましょう。

3)手荷物を預かりが圧倒的にリーズナブル
一般的にLCCにおける手荷物の重量制限はあまり高くありません。しかし、Vanilla air (バニラエア)では20kgまで無料となります。旅行先でたくさんお土産を買いたいという方でも、安心して利用できるはずです。

4)就航当初から続く限定スイーツ「ミルク玉」
機内食は有料ですが、どれも美味しいと評判。その中でも高い人気を誇るデザートです。空の景色を見ながら、独特な食感をぜひとも楽しんでください。

5)行き先で使えるクーポンが多数収録された「たびクーポン」
これはフライト中に読める機内誌です。対象となる施設はかなり多く、ホテルやレストラン、ショップ、エンターテイメントなどさまざまな場所で使えます。行き先に困った方は使ってみると良いでしょう。

Vanilla air (バニラエア) のデメリット

他の航空会社と比べて便の少なさが目立ちます。国内線は成田から札幌、那覇、奄美大島の3ヶ所のみ、国際線は台北、香港、高雄の3ヶ所のみのようです。また、大阪や福岡など東京以外の主要都市には便がありません。今後さらに就航地が増えるまでには、ある程度期間を要するでしょう。

拠点である成田空港は早朝、深夜のアクセスが少々不便と言われています。急ぎでない限りは、予約時間を昼間にずらすことも考慮したほうが良いでしょう。国内線と国際線のチェックインカウンターがそれぞれ独立しているため、案内をよく確認するようにしましょう。

Vanilla air (バニラエア) の注意点

運賃タイプによってサービスが異なる点に気をつけましょう。大きく分けて以下の3つがあります。

1)コミコミバニラ
座席指定と手荷物預けが無料になる、予約変更やキャンセル時の払い戻しが可になるなどの各種オプションがつきます。LCCでは運賃をリーズナブルにするためにサービスが簡素化されていることが通常のため、その点が気になるという方はこのプランにすると良いでしょう。

2)シンプルバニラ
(1)よりも安価に買えるプラン、とことん財布に優しくしたい方にオススメです。ただし、座席指定や手荷物預けが有料になったり、キャンセル時の払い戻しができなくなったりといくつかの制約がかかる点には注意しましょう。

3)わくわくバニラ
不定期に販売されるキャンペーンで購入できるチケットで、値段がもっともリーズナブルになります。ただし、サービスは()よりもさらに簡素化されています。追加で料金を支払うことを避けるには、荷物の数を極力減らし、スケジュールの変更がないようにすることが大切です。

Vanilla air (バニラエア)はリゾートに行くならぜひとも利用したいLCCです。華やかな雰囲気とLCCの中でも充実したサービスで、楽しく空の旅を送れることでしょう。

Vanilla air (バニラエア) の口コミ

Vanilla-air-(バニラエア)-の

Vanilla air (バニラエア) を利用して良かったという口コミ

チケットがリーズナブルだという評価がもっとも多いようです。一般的な航空会社よりも安く飛行機に乗れるため、財布に優しく旅行したい方でも安心して利用できるでしょう。

また、意外と多い感想がキャビンアテンダントの雰囲気がとても良いということです。他のLCCでは「スタッフの感じが悪かった」という感想も少なくありません。リゾートを楽しませることに力を入れているVanilla air (バニラエア)だからこそ得られた評価だと言えるでしょう。

他にも、搭乗手続きがスムーズで旅行慣れてるなら問題なく利用できる、名物商品であるミルク玉は美味しいといった口コミがあります。

Vanilla air (バニラエア) を利用して悪かったという口コミ

ほとんどの利用者が満足しているようですが、一部、機内にエンターテイメント系の設備がないことが気になるという方もいるようです。また、チェックインカウンターが混むという意見もありますが、これについては自動チェックインやウェブチェックインを利用することで回避できる問題でしょう。

Vanilla air (バニラエア) を利用してまぁまぁ良かったという口コミ

機内における快適さに言及した口コミがあります。シートは狭めだが長距離バスよりは乗り心地が良いというものです。就航地の関係であまり長時間のフライトをすることはないため、そこまで気にならないでしょう。ただし、窓際のシートだとお手洗いに立つことが難しいため、気になる方は通路側を指定しておくなどの対策を取ると良いでしょう。

口コミ総合まとめ

LCC特有のリーズナブルさを維持しつつも、ありがちなサービス面の悪さがほとんど見られないことが特徴的です。最安価を目指す場合は他社に一歩譲ることもあるかもしれません。しかし、ある程度のサービスをキープしたいという方にとっては、Vanilla air (バニラエア)はこれ以上にない航空会社であると言えるでしょう。

チケット予約・購入流れ

チケット予約・購入流れ
Vanilla air (バニラエア)のチケット予約はとても簡単です。お得に購入するには、インターネットを利用すると良いでしょう。

◆公式ホームページから購入する方法
トップ画面左上に「航空券を予約する」欄があるため、行き先や日にち、人数など各種情報を入力します。そこから検索結果から希望の便を選択し、氏名や性別、生年月日などの搭乗者情報を入力します。

最後に手荷物や座席指定などのサービスを選択するだけでOKです。支払い方法は各種クレジットカードやコンビニ決算から選べるため都合の良い方を選びましょう。

Vanilla air (バニラエア)のチケットはインターネットで簡単に行なえます。(格安航空券のご予約は空旅.comからでも可能!)他にも、予約センターへの電話、空港カウンターで直接といった方法で予約が行えます。しかし、これらは1,000円~2,000円の手数料がかかるためオススメできません。「どうしても相談しながら決めたい」という方でなければ公式ホームページで行うと良いでしょう。

Vanilla air (バニラエア) 搭乗手続きの流れ

Vanilla-air-(バニラエア)-搭
事前に手続きの手順をマスターして、飛行機にスムーズに乗れるようにしましょう。国内線と国際線では流れがほとんど変わりません。

国内線搭乗手続きの流れ

チェックインをカウンターで行う場合、締め切り時間があるため時間に余裕を持つようにしましょう。混雑することが多いため、自動チェックイン機かウェブチェックインを使った方が良いですが、以下に該当する方は受付で手続きする必要があります。
 ・妊娠中
 ・乳幼児を連れている
 ・身体が不自由で、補助が必要
 ・病気、疾患を持っている

自動チェックイン機を使う場合、旅程表にあるQRコード、または予約番号が必要です。自宅やオフィスでできるウェブチェックインも便利です。出発2時間前まで受け付けており、完了画面に表示される搭乗券をプリントして持っていくだけでOKです。その後、カウンターで手荷物預けと保安検査をし、出発の20分前までに搭乗口に行きます。

国際線搭乗手続きの流れ

基本的な流れは国内線と同様です。ただし、例えばチェックインカウンターの締め切りが国内線なら30分前まで、国際線なら50分前までと早くなるため、時間により余裕を持つようにしましょう。

Vanilla air (バニラエア) を快適に乗るためのポイント

機内には映画や音楽配信といったエンターテイメントがありません。フライトは数時間かかるため、本やゲームなどを持ち込んでおくと良いでしょう。また、シートは全体的に狭めです。お手洗いが近い方は通路側の席を指定しておくと、他の人にわざわざ声をかけて立ってもらうことがなく、ストレスが少なくなるでしょう。

Vanilla air (バニラエア)の搭乗手続きは他の航空会社とあまり変わりありません。スムーズに済ませるためには、カウンターではなく自動チェックイン機やウェブを利用することがコツです。

Vanilla air (バニラエア) に関するQ&A

Vanilla-air-(バニラエア)-に
飛行機に乗ることが初めての方は何かと不安になるものです。多くの人が疑問に思っていることを参考にして、自信を持ってフライトに臨みましょう。

Vanilla air (バニラエア) は機内でどんなグッズを売っている?

卓上カレンダーやキーホルダー、ボールペン、クリアファイル、ノートなどがあります。どれも爽やかな印象のイエローを基調としています。他にも京成スカイライナーのクーポンがあるため、帰路で利用する方は購入すると良いかもしれません。

Vanilla air (バニラエア) のバニラエア 予約 キャンセル方法は?

料金プランが「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」の場合はできず、「コミコミバニラ」の時だけになります。公式ホームページ上部に「変更・追加」のタブがあるため、そこから手順に従って操作をしていけばOKです。

国内線の場合は40分前まで、国際線の場合は60分前が締め切りとなっており、それ以降は払い戻しできない点には気をつけましょう。また、この時にかかる手数料はエリアにより異なるようです。

Vanilla air (バニラエア) で無料座席指定は出来るの?

料金プランによって異なり、「コミコミバニラ」の時だけ有料になります。いろいろとサービスを利用したいという方は、「シンプルバニラ」や「わくわくバニラ」から追加料金をかけるのではなく、初めからこのプランを選ぶと良いでしょう。

Vanilla air (バニラエア) は揺れる?

一般的な航空会社よりも揺れると言われています。しかし、これは機体のサイズ小さいことで、風や路面などの外部の影響を受けやすいためのようです。

Vanilla air (バニラエア)は安さとサービス両立した優れたLCCです。休暇中にどこか旅行に出かけたいという方はぜひとも利用してみましょう。

実際にVanilla air (バニラエア) を乗った感想

実際にVanilla-air-(バニラエ
安さとサービス両立したVanilla air (バニラエア)。実際に利用してみると、他のLCCにはない良さが実感できます。

乗り心地

他のLCCと同様にシートが狭いですが、フライト時間がそう長くないためあまり気になりません。体格によっては前の座席にヒザが当たってしまうかもしれませんが、本を呼んだりゲームをしたりするには十分のスペースがあるはずです。

機体の前方には広めのシートがあるため、体格が大きい方やリラックスしたい方は座席指定して利用すると良いでしょう。

料金は手頃?

LCCならではの安さがあります。さまざまな航空会社と比較した中での最安価と比べると少々差が見られますが、それでも十分リーズナブルだと言えるでしょう。

接客

リゾート客をターゲットにしているためかキャビンアテンダントの雰囲気がとても良く、他のLCCにはない魅力です。衣装も華やかで、自然と気分が盛り上がります。

また利用したいと思うか?

目的地に就航しているのなら、利用しない手はありません。「路線がない」または「どうしても最安価で乗りたい」という時でなければ、今後も長く使っていくでしょう。

Vanilla air (バニラエア)は他のLCCと比べてもサービスの面で非常に充実しています。快適な旅行をしたいという方はぜひとも利用してみましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト